クンニされたい

 クンニされたいけれど、その相手がいませんでした。
前彼と別れて約半年が経過。
この間、エッチもしていません。
1人で慰める時、つい考えてしまうんです。
前彼がしたようなクンニされたいって・・・。
凄くたっぷり私のあそこに顔を近づけて、ジュルルルと下品な音をだして舐めてくれました。
長い時間舐められて、とんでもなく感じてしまっていたんです。
不満な私の肉体と心は、そのことを思い返してばかりでした。
オナニーをしてはクンニされたい、男性に沢山舐めて欲しい。
我慢が出来ない状態だったんです。

 出会い系アプリを利用、クンニ募集に走ってしまいました。
人気出会い系アプリは、男性がとても多くいます。
多くの男性から、クンニのテクニックのある人や、クンニ大好きな人を選び出せるかもしれません。
期待を込めて、掲示板に投稿しました。
舐め犬掲示板を使ってクンニだけしてくれる男性を募集する

 クンニされたい私の気持ちをわかっている男性から連絡がやってきます。
男性たちとのやりとりの中で、面白いなと思う人がいたんです。
「本番が怖いなら、クンニだけでも大丈夫」
知らない人と気軽にエッチ出来ない私です。
こういう提案、凄く嬉しいものでした。

 メールから、無料通話アプリでの通話。
繰り返すことで、相手の安全性を確認出来ました。
待ち合わせして舐めてもらうことになりました。

 男性の車の中で、久しぶりのクンニです。
テクニックもあるし、時間をかけて舐めてくれるし、ものすごく気分が盛り上がっていました。
エッチも久しく御無沙汰です。
男性に誘われ、クンニの後ラブホテルに入ってしまいました。

 ラブホテルの中でも、必死にクンニをして舐めつづけてくれちゃったから、強烈な興奮と快楽でした。
そのため、挿入の時の感じ方は強烈そのものでした。
クンニフレンド
舐め犬以上セフレ未満

テキストのコピーはできません。